漫画家になるには

表紙販売FC2コンテンツマーケット ≫ 第二十一項 漫画家になる方法

漫画家になるにはどうすれば良いのだろうか。巷には、漫画家になるための本や教材、塾、セミナー、果ては専門学校まで存在しているようだが、漫画家として生計が立てられるようになる人は、ごく一握りである。それでは、独立プロとして活動している人のアシスタントや事務員として働けば、プロになれるのだろうか。その答えは、ご存知の通りである。やはりプロになるのは夢のまた夢なのか、と諦めかけてしまう人も多いかもしれない。ところが・・・である。読者にさえ認められれば堂々たるプロになる方法があるのだ。本項では、本物のプロ漫画家になるための秘密の方法について解説することにしよう。


FC2コンテンツマーケットを利用しよう

FC2コンテンツマーケット

本物のプロ漫画家になりたいと真剣に願う人は、「FC2コンテンツマーケット」を利用しよう。「FC2コンテンツマーケット」とは、ご存知かもしれないが、漫画や文章、写真、映像、ソフトウェアなどを自由に販売することができるマーケットだ。ここに貴君の作品を公開し、販売するのである。言うまでもなく価格は自由に設定することができ、紙の漫画のように面倒な印刷や配送などの手間も全く必要ない。しかも、紙の漫画出版社のように内容などに関して逐一干渉や指図を受けることもなく、極めて自由度の高い環境の中で創作活動を展開することが可能なのである。ここで次の資料を見てほしい。

これは、紙の出版社数と総売上高の推移をまとめたグラフだが、これに見ても分かるように、その取扱高は年々減少の一途をたどっていることが理解できるかと思う。これらの傾向性は今後、激化することはあっても鈍化することは無いと言える。なぜならば、それは考えてもみてほしい。高額でわざわざ店舗にまで足を運ばなくてはならなくて場所もとるようなメディア=「紙の本」と安価で手元のスマートフォンで読めて場所もとらないメディア=FC2コンテンツマーケットのどちらを選ぶのかといえば、その答えはもはや言うまでも無いことなのではなかろうか。

確かに、紙の大手出版社から出すときのような知名度は急には得られないかもしれない。しかし、紙の大手出版社から作品を出すことが目的ではないということは、賢明な貴君になら理解できていることかと思う。それよりも自分の作品が求められ、確実な金銭報酬を手にして生計を立てられるようになることのほうが、よほど重要なことなのではなかろうか。そのためにも「FC2コンテンツマーケット」を利用して作品を公開してみてはいかがだろうか。生計が立てられるようになったとき、貴君は堂々たる「プロ漫画家」であることに気づくはずだ。逆に紙の大手から少し出して消えてしまうような存在は、”素人”以外の何物でもない。


以上が、「漫画家になる方法」だ。なお、FC2コンテンツマーケットの利用には、FC2IDへの無料登録が必須となっている。そのためまだ登録していない人は、下記より今すぐ登録しておいてほしい。

★ 押してFC2IDに無料登録する >>

【関連ページ】
★ FC2IDとは >>

★ FC2コンテンツマーケットの作品を購入する方法 >>

★ FC2コンテンツマーケットで作品を販売して稼ぐには >>